ニキビは病気!治らないニキビも、綺麗肌へ改善!

ニキビ メンズ 美容
ニキビ
スポンサーリンク

「ニキビ(にきび)」

悩まされている人にとっては、言葉を聞くだけでも不快に感じる方もいるかと思います。

「ニキビは皮膚の病気」です。

いろいろ試してみて治る方、治らない方に個人差があります。

ますば、自分でもできる「ニキビ」を普段の生活の中で改善していく方法を見ていきましょう。

正しいリズムの生活習慣でニキビ改善

生活リズム

ニキビと生活習慣て関係あるの?と疑問に思う方もいるかと思います。

生活習慣で特に睡眠が大事です。

成長ホルモンは大人でも分泌

睡眠中には、成人を迎えたとしても成長ホルモンが分泌します。

成長ホルモンの役割

  • 皮膚をはじめとする体のあらゆる組織を作り出す
  • 傷ついたりした部位を修復する

夜遅くに寝てしまった利して睡眠時間が少なかったり、睡眠の質が悪かったりすると成長ホルモンがあまり分泌されません。

その結果。

肌に関していえば、新し皮膚を作り出したり修復した利することができなくなります。

成長ホルモン分泌!睡眠に適切な時間と長さ

睡眠

成長ホルモンのゴールデンタイムの夜10時~2時の間には眠りにつき、

最低でも6時間以上の睡眠をとるとよいといわれています。

洗顔の仕方でニキビ(にきび)は消える

洗顔の仕方もニキビを予防・改善していく有力な方法です。

普段どのように洗顔を行っていますか?

洗いすぎは肌にダメージ

「ニキビができているから、汚れているんだ」と考えて、”ごしごし”洗っていませんか?

もし、そうでしたら今すぐその洗い方はやめましょう。

ニキビができるのは、肌が薄い部分や弱っている部分です。そこを洗顔でごしごし洗ってしまってはニキビ肌にさらにダメージを与えてしまうだけです。

ニキビ肌を適切に洗うカギは「泡」です。

ニキビ肌に対する正しい洗顔手順

洗面所
洗顔の手順
  1. 綺麗な手に洗顔剤をのせる
  2. 泡ネットを使わず(雑菌がついている)手で泡立てる
  3. 泡立てた泡で洗うように顔を洗っていく。手で顔に触れないように十分に泡を立てる必要があります。
  4. 洗顔剤が顔に残らないように注意し優しく流す

泡ネットを使って泡立てる。を進める方もいますがお勧めしません。

理由は、最初は泡立ってふわふわで肌にいいのですが、徐々に菌が増殖していき清潔とは言えなくなっていきます。

泡ネットを使用の場合は、1ッか月おきに交換するなど清潔感を保つことが大切です。

泡立てると肌に優しいだけじゃない

泡」を立てることによってニキビ肌に対して優しく接触するだけでなく、泡の細かさによって肌の隙間にある汚れを落としやすくする効果もあります。

ニキビは「皮膚の病気」

色々試して、治らない方も、もちろんいます。

思い出してください。 ニキビは皮膚の病気です。

風邪をひいたときに病院に行くとすぐに治るのと同じで、ニキビも自分で色々と試してみるより、病院に行き専門医に見てもらうのが一番です。

「かなり重症で治る気配がしない…」

と感じたら迷わず皮膚科に駆け込みましょう。

医者では、市販薬として販売できない効き目の強い薬も処方してもらうことができます。

ニキビ跡を残さず綺麗なモテ肌を手に入れるためにも医師を頼りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

皆さんの生活の中でニキビをなくすための改善点は見つかりましたでしょうか?

早めの対策がにきびには特に必要です。

改善点を見つけた場合は今すぐにでも改善しましょう。

モテる肌へ一歩ずつ近づけていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました